うつ病 診断


うつ病診断されたら見てください

あなたの大切な人がうつ病と診断されたらまず落ち着いてください。まず、うつ病のことを理解し正しい方法で接してください。そして、1日でも早く元の状態になることを祈念しております。



うつ病と診断されるには 
うつ病になる前には必ず睡眠不足になり、食事では栄養が偏りがちになります。このような状態がだらだらと2週間くらい続くと要注意です。良い睡眠をとり体が元気になると、ネガティブな気分も晴れ、改善に効果的です。体が元気になると、重々しかった体もスムーズに行動でき、様々なことに対してもプラス思考で考えることができるようになるのです。

このプラス思考が改善のキーポイントになります。プラス思考を持っていると、重くて動かしにくかった体も徐々に動かせるようになってくるのです。改善の一つにはウォーキングやジョギングなどの軽い運動が効果的ですが、体だけが強くなるというイメージがある筋トレもプラス思考になれる点で効果的です。うつ病の人に頑張ってやる気を出すようにという励ましの言葉はマイナス思考になることがあるので、勇気づけるようなことは言わない方が良いです。うつ病と診断された人は言われたことをゆがんだ認識でとらえるからです。




うつ病の症状とチェックの方法について
一番問題なのは「自覚症状がない方が多い」ということ。

何もする気がしない、憂うつな気分が2週間以上続いている、人と話す気になれない。痩せる、疲れやすい、ダルい、寝つきが悪い、など早期発見、早期克服のためにも、思い当たるようであれば、心と体を休めてあげましょうね。それでも楽にならないときは、お医者さんにかかってみることをオススメします。

心が苦しい、毎日が辛いと感じているのに、家族や恋人の前では平静を気丈な態度を装ったりしていませんか?

心が苦しいのに、誰にも言えずに我慢していませんか?

医者に診断されるのを怖くて医者に行けなかったりしていませんか?

悪化してしまう前に、まずは自己チェックをおこなってみましょう。

きちんと向き合って、しっかりとした対処をしていくことが早期克服の第一歩です。

症状が悪化して、医者に「あなたはうつ病です」と診断されてしまい、
ショックを受ける前に克服して行きましょう。
そして充実した生活が送れるようになりましょうね。



うつ病になる人の特徴
うつの思考パターン
1.完璧に仕上げなければプロジェクトから外される 少しでもミスがあるとすべて失敗 完全主義者
2.家に仕事を持ち帰り、10やらないといけないのに8つしかできなかった 心の色眼鏡
3.プレゼンの資料の一部にミスがあるのを指摘され、僕は何をやってもだめだとか完全に失敗だ 拡大解釈と過小評価
4.このままだとプロジェクトから外される、上司から嫌われていると思う、悲観的 結論の飛躍
5.俺なんか会社にいないほうがいい。  過度の一般化
6.夫の様子に、妻も心配を隠しきれない。彼が調子を崩したのは私の責任 自分自身への関連ずけ
7.リーダーなのだから誰よりも情報と知識を得なければ ○○すべき思考
8.俺はダメなリーダーだ レッテルを貼る
9.不安だ。自分はリーダーは無理なのかも、いずれ大きな失敗をするかも 感情的決めつけ
10.マイナス思考

・仕事に関するきっかけ
昇進、転職、転勤、単身赴任、出向、リストラ、定年、会社の倒産など

・家庭に関するきっかけ
結婚、離婚、出産、配偶者の死、子どもの独立・結婚、引っ越し、新築など

・個人的な出来事などのきっかけ
重大な病気、事故、親しい人との別れ



うつ病の症状
・どのようなものがあるのか

・日内変動がある。
・食欲、睡眠欲、性欲、集団欲など4つの本能の低下
・人とのかかわりを嫌がる
・自殺願望がある
・気分が落ち込む
・訳もなく悲しくなる
・何をするのも億劫
・何も考えられない
・仕事にいけなくなったりする
・家事もこなせなくなる

精神的にはいつも不安で悲しい、わけもなく焦燥感がつきまといます。健康的には体がだるくて疲れやすくなります。また気が沈むことが多くなり気が重くなります。特に朝は無気力な時間が続きます。リラックスさせてくれるはずが音楽を聴いても全然楽しくなくなります。

健康トラブルも多くなり、首筋の痛みや肩こりが良くおこり、息が詰まり胸が苦しくなります。常に喉の奥に物が詰まっている感じがします。神経過敏になり、ちょっとした物音でも気になります。もともと性格は几帳面で仕事熱心な人はうつ病になる可能性があります。

ですので普段からストレスを発散する方法を実践することが大事です。ストレスを発散するには自分が好きなことや楽しいと思えるようなことをします。またジョギングやウォーキングなど軽いスポーツやエステ、アロマテラピーなども効果的です。普段の生活からかけ離れ没頭できるくらい楽しいことに集中できるものが良いです。



うつ病の基本的な治療方法
・薬物療法
・心理療法
・運動療法
・認知行動療法
・光療法
うつ病の治療

うつ病の治療法は、十分に休息することと薬による治療を継続すること
一般的に3種類の薬が投与される
・抗うつ剤 
脳の内部のセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質を増やすことにより脳の働きのバランスを修正し、抗うつ作用をもたらす
・抗不安薬
脳の視床下部に作用し、不安・緊張などの情報異常を抑制する。
・睡眠剤
うつ病は夜中の中途覚醒や早期覚醒など、十分な睡眠がとれないような症状のためのもの

抗うつ剤の副作用


・倦怠感、健忘症、口の渇き、便秘、頭痛、注意力低下、眠気





「うつ病」改善には様々な方法
「うつ病」改善に高い効果があるのが、毎日の食事なのをご存知でしょうか?確かに精神科や心療内科でもらう薬の飲用がうつ病改善に効きますが、薬の飲用をやめてしまうと、また元に戻ってしまう可能性が高くなります。ですので根本的にうつ病を治すには毎日の食事内容が大切です。

脳内伝達物質の強化に肉類や豆腐類に含まれている良質のタンパク質は必須です。うつ病に効く飲み物は、ハーブティーやウコンレモネード、ノニ茶、バナナジュース、青汁などです。バナナには、うつ病で不足している成分のセロトニンを増やすトリプトファンがたくさん含まれています。

食事などでは時間がかかり物足りない気がするという人に電気ショック療法があります。これは、直接脳神経に電流が流れ、主に脳卒中の治療に使われています。しかし副作用として吐き気や頭痛、悪感をもよおすことがあります。うつ病に効くというサプリメントもありますが、主に脳内の血流を促すもので長い期間の服用が必要となります。




うつ病が重症化する理由
うつ病がなかなか治らない人に共通していることは、生活リズムの乱れがあげられます。朝起床時間は遅く、起床しても朝食も取らずに、運動もせず日中も家の中でダラダラしている場合が多く、夜は夜更かしすることが多くなります。生活習慣が不摂生で、毎日起床する時間がまちまちという人が多いです。このように乱れた生活リズムを続けているとうつ病は重症化します。

うつ病を鍼灸院で治したという人もいますが、この治療は人によりけりで、ハリ治療は一歩間違えると神経が切れてしまうことがあります。ですので、かなりの技術者の下で旋術を受けることが大切です。何よりも大切なことはうつ病のサインを見逃さず、適切な対処をすることが大事です。うつ病になる前には必ず前兆があります。憂鬱な気分と虚脱感が、顔の表情や行動にあらわれます。うつ病サインを見逃さず一時的なものだと放っておかないように気をつけましょう。放っておくとますますうつ病症状がひどくなります。



女性に多い「介護うつ」と漢方薬
「うつ病」を漢方薬で症状改善に取り組む人は女性に多いです。身体の各機関の病気、家庭内の出来事に対しての精神的なイライラやストレスなどに漢方薬は良く効きます。ですので精神的ストレスからくる心の病気改善に効果があります。家族の介護によって「介護うつ病」になる人も多いです。特に女性は、家族が病気になる以前からでもある程度の対処策を考えておくことも大事です。「介護うつ」にも漢方薬が効果的です。

はじめは体に優しい漢方薬を処方してもらうと良いです。漢方薬は病院で処方してもらう抗うつ剤や精神薬などに比べると副作用が少なく、途中で飲み忘れても良くなった症状が悪くなるということも感じずに済みます。今ではネットの普及によって通販で漢方薬が手に入りやすいですが、ホームページの説明書を読んだだけで、自分自身が判断した漢方薬を購入し服用するにはリスクが大きいです。効き目が穏やかな漢方薬ですが副作用があります。ですので漢方専門医に自分の「うつ病」症状にあった漢方薬を処方してもらうことが大切です。



うつ病と診断された人に寄り添うときのポイント
うつ病は辛く苦しいものです。その心の痛みは、本人にしかわからない部分がとても多いです。ではどうしたら、周囲の人はその人の心の痛みを和らげることができるのでしょうか?
まずはじめに気を付けるべき点は、自分からうつの話をしないことです。相手の話したいタイミングで、今の気持ちを聞くようにしましょう。また聞く時は、相手を受け入れるように聞きましょう。否定的な態度になると、余計に相手を傷つけてしまいます。なので一番は聞き役になるのがいいでしょう。

また行動は相手のペースに合わせるようにしましょう。焦らせてしまうと、症状を悪化させてしまう場合があります。なので本人のペースに合わせることが大切です。本人が少しずつできるようになるのを待ちましょう。そうすることで、本人の焦りも最小限に抑えることができます。うつ病の治療に焦りは禁物です。周囲の方もあせらず本人のペースで、一緒に治療に臨んでみてください。それが良くなるための第一歩です。



10代のうつ病と診断された人の特徴
女性のうつ病に関するデータでは、近年、10代のうつ病の発症が急増している傾向にあります。うつ病の原因は、イジメによるものが多いのです。その事が精神的なストレスとなりうつ病の原因となります。実際には、生きていても仕方がないと考えていることにより、自殺に至るケースも少なくありません。近年は目に見えていじめとわかる現象ではなく、インターネットの普及などにより、陰口をそこで叩かれるなど目に見えない文章によるいじめが横行しています。徐々に陰湿になっていったりします。そんな環境の中、友達ともうまくいかない状況に陥ると思春期の場合は、ストレスを抱えてしまうことにもなりかねません。それがうつ状態となるのです。最近、中高生のイジメによる自殺が急増している傾向にあります。周囲の大人の理解などが得られず徐々にストレスが増えていくという悪循環が、10代のうつ病を急増させている要因であると言っても過言ではありません。



20代のうつ病と診断された人の特徴
うつ病は、20代から発症する傾向にあることは、多くの研究に置いて明らかになりつつあります。特に、非定型うつ病が発症しやすくなるのは、この時期です。特に、女性に多く見られ、ダイエットなどにより過食症や拒食症を繰り返すこともあります。これは、うつ病の典型であるといっても過言ではありません。近年は、20代ライフイベントが訪れることも少なくありません。出産や産後のうつなど精神的な変化もうつ病発症の原因となります。既婚者の場合は、ライフスタイルや環境の変化にともない起こりやすくなるのです。20代の時期は、結婚している人は、少なく周りが独身という人も多いはずです。若いのにすべて子育ての事から何から自分で背負わなければなりません。産後の不安などから産後うつなどを発症しやすい傾向にあります。産後は、今後の生活などへの不安から離婚が多くなる傾向にあります。それだけデリケートな時期であることを認識する必要があります。




30代のうつ病と診断された人の特徴
30代のうつ病は、20代のうつ病に比べても悩みが深刻化しているのがわかります。自分で抱え込むストレスがうつ病に対する深刻な原因になります。ストレスが許容範囲を越えた時には、自律神経のバランスが乱れ、交感神経と副交感神経の切り替えが出来なくなってしまうのです。それにより気分の不安定や落ち込みなど身体的な症状が出始めてくるのです。これがうつ病の典型的な症状によるものと考えられます。特にこの年代の女性のうつ病は、非定型のうつ病が多いのです。他にもこの年代に見られるのが仮面うつ病というものがあります。仮面うつ病は、めまいや頭痛、肩凝りなど様々な症状が見られます。この場合、多くの患者は内科を受診する傾向にあります。しかし、内科では異常が見つからないため、取り越し苦労に終わることもありますが、この段階でうつ病の一歩手前であることは、世間的にあまり知られていません。うつ病のサインを見逃しがちになり、発見が遅れることもしばしばあります。




40代のうつ病と診断された人の特徴
40代のうつ病に関しては、ホルモンバランスの乱れが大いに関係しています。この年代は長年続いていた月経が終わる閉経が起こります。また、後半になると更年期障害が始まる時期と重なります。子供の独立などライフイベントに大きな変化があります。夫婦のみの生活になる家族が増えて、毎日が辛い生活を送ることもありますから、ストレスが増幅することは言うまでもありません。精神面はもちろん、体調の面でも血圧の変化などがあり、生活習慣病を発症しやすいとも言われています。女性にとってこの時期ほどデリケートな時期はないといっても過言ではありません。。万が一、病院に通院してうつ病と診断された場合は、家族家族の理解を得て、周囲からのサポートが必要な時期ですので、家族は温かく見守ることが大切です。決して厳しい言葉を投げかけたりすることは、かえって逆効果であると言われていますので、注意が必要です。できる限りのフォローが大切です。




50代のうつ病と診断された人の特徴
50代のうつ病は、40代と比べても深刻化しています。この時期には、更年期障害を発症しやすい時期であることから、ホルモンバランスの乱れは、顕著になります。身体的な症状が出ることはもちろん、それに付随する形で、うつ病の症状を発症しやすくなるのです。うつ病の症状と更年期障害の症状は基本的には似ているため、見分けがつきにくいことが多いかもしれません。また、ライフスタイルにも変化があります。子供の独立、夫の早期退職や転職など、環境が目まぐるしく変化するのもこの時期です。自分の生活には張り合いがなくなり、考えもしない空虚感に襲われます。これがうつ病を発症しやすい原因となります。さらには、ガンなど病気を発症しやすい時期でもあり、病気の発症と同時にうつ病の発症しやすくなります。50代のうつ病には、40代のうつ病と同じく、家族の理解が必要になります。家族と意識を共有した上でうつ病の治療をはじめることが望ましいです。





「うつ病」回復期の過ごし方
「うつ病」回復期に自宅でのんびりしていると、会社を休職している人は会社へ行って仕事をしたくなるなど、何か行動したくで焦りますが、この時に慌てて行動すると、またうつ病になるという悪循環が繰り返されます。
ですので、うつ病回復期には焦らずのんびりすることが大切です。うつ病初期は身体的にも精神的にもかなりつらく、のんびり過ごすことで心も体も癒されますが、回復期になると早く行動をしないと不安になってくるのだそうです。
病院の医師によると回復期に仕事をしても良いそうですが、勤務時間は健常者の3分の1程度に短縮したほうが良いそうです。fullに仕事をすると気持ちにゆとりがなくなって、またうつになるらしいです。
のんびり過ごすのが仕事だと思うくらいのほうがうつ病の治りが早いらしいです。早く治したいのなら不安や焦りは禁物です。うつ病回復期の過ごし方は、気持ちに焦りが出るので、意外と難しいですが、気楽にゆっくりするのが一番です。



トップに戻る


 

サイトマップ